hootsuite CEOらが手がけるアクセレーター事業「Invoke Labs」

インターネットで気になるアレコレをGoogle+で!

現在、ユーザー数900万人を突破しているSNSマネジメントツールHootsuiteのCEO Ryan Holmes氏らが手がけている「invoke Labs」というアクセレーター事業が気になったので調べました。

what-is-invoke

運営会社であるInvokeは2005年に設立。アクセレーター事業以外にも広告事業を展開しており、クライアント先はAOL.ESPNDOVEGAPなど大手企業が多く連なっています。拠点はバンクーバー、ニューヨーク、ロサンゼルスの3箇所、本社はサイトを見る限りバンクーバーだと思います。(CrunchBaseにはニューヨークって書いてあるけど)

主要メンバーはRyan Holmes氏(CEO, hootsuite), David Tedman氏(Co-founder, hootsuite / memelabs), Dario Meli氏(Co-founder, hootsuite / Quietly), Geoff Entress氏(Pertner, Voyager Capital)の4人。

彼らは自らを「business catalyst」だと称しています。business catalystってなんだ。とりあえずcatalystの意味ググったら「促進の働きをするもの・相手に刺激を与える人」という意味でした。Invokeのブログを見るとbusiness catalystについての説明が載っています。冒頭を簡単に意訳すると。

私たちは従来のアクセレーターの型に当てはまるものではないので、catalystという表現を選んだ。従来からあるモデルの良い要素と実践的なノウハウを織り交ぜている。
- Lab Notebookより参照

とありました。

彼らは3つのアプローチから起業家を支援しています。

  • A FOCUS ON EXECUTION(実践重視)
  • INVESTING IN PEOPLE(人に投資する)
  • NO APPLICATION DEADLINES, OR GRADUATION DATES(期限を定めない)

期間を定めない、というのはあまり聞かない…というかすごいな。あと契約の際、どれくらい株式を取得しているのか少し気になるところであります。invokeのモデルは僕が知っている限り、BEENOSの「Startup Studio」というプログラムが一番近いのでは、と思います。知らないだけで他にも似ているモデルがあるかもしれません。

what-is-invokelab1

ポートフォリオを見ると現在、5つのサービスが Invoke の支援を受けてることが分かります。Hootsuite をはじめ、右上に角帽のマークがついているサービスはおそらく支援の手から離れて運営を行なっているという意味です。また別途、Invoke出身(もしくは支援を受けている最中)のサービスについて調べた記事を書こうと思います。それでは!