『バンクーバーな僕ら』のQさん発、4コマ漫画で英語が学べる本が良かったという話。

q-book

ただいま絶賛英語勉強中の僕ですが、友人から良い本を買ったのでちょっと紹介したいと思います。これ。

q-book1

『バンクーバー発! 4コマ漫画で体感するから身につく ほんとに使えるリアルな英語フレーズ』著者はバンクーバーな僕らで4コマ漫画を書いている、イラストレーターのQさん。(日本にいた時、買うの忘れたのでQさんが一時帰国していた時に持って帰ってきてもらいました。内緒ですよこれ。)

一般的な英語本って情報量多くて勉強しているような気にはなるのですが、あくまでその気になっているだけで、結局のところ、普段の日常会話でパッとフレーズが頭に浮かんでこなかったりします。原因はフレーズが頭に入っていてもどのシチュエーションで使ったらいいのか想像できていないからだと僕は思っています。そこで良い役割を果たしてくれるのがこの4コマ漫画で「このシチュエーションではこのフレーズ!」というようにイラストでそのまま頭に入ってくるのでシチュエーションが想像しやすく、非常に良いです。こんな感じ。

q-book2

なにより漫画を読んでいる感覚なので英語を勉強〜って感じがなく、楽しく覚える事ができるのでいいなと思っています。内容も「日常使うけどこの場面どう言えばいいんだっけ…」となりがちな、手の届きにくいところまで押さえています。Amazon で内容チラ見できるのですが、ここの方が見やすいので興味ある方は一度覗いてみるといいかもしれません!

q-book3

ということで、英語を勉強している方は持っておいて損はない一冊だと思いやす。是非。下のリンクから買えるよー!

He, Sheに替わる新しい代名詞「Xe(ゼ)」って一体なんですか。

what-is-xe
what-is-xe

Original Update by lazzarello

ちょっと気になったニュースが。早速ですが、英語で男性の代名詞はHe、女性の代名詞はSheと表されます。中学校で習いましたね。だからなんなんだよ当然だろ、って話なんですが、バンクーバーでHe, Sheに替わる新しい代名詞が生まれたので興味ある方は少し読んでみてください。

新しい代名詞 「Xe(ゼ)」

ジェンダーフリーの精神に基づいて、バンクーバーで「Xe(ゼ)」という新しい単語が生まれました。今後、教育現場で使われるかもしれないみたいです。これまで使っていた he / she が

  • he / she → xe
  • his / her(s) → xyr
  • him / her → xem

に変わります。ということは

  • She is erotic. → Xe is erotic.
  • Her tits are big. → Xyr tits are big.

とかになるってことですかね。なんだかミステリアスな雰囲気がありますね(わからん)。

この発表に対してどの学校のPTAも結構困惑していて、「子ども達が困惑するだろう」「訳をよく分かっていない6歳児にどう説明するのか」って反対意見が出ていて、基本的に受け入れられてない様子。大人だけじゃなくて、子どもにもどういう印象を抱いているのか聞いてほしいな〜って僕は思います。

おまけ

バンクーバー市教育委員会はこれから性別を超えたトイレを作る、なんてことも公言していて、少し気になるところであります。男女兼用トイレじゃだめなのかな、どうなんでしょう。

参考にしました

Vancouver School Board’s genderless pronouns — xe, xem, xyr — not likely to stick, if history is any indication

【米国発!Breaking News】He、Sheをやめ“Xeを使用”とカナダの教育委員会。ジェンダーフリー発想もPTA大混乱。