アメリカにもない仕組み。昨年、カナダ政府で採択された「スタートアップビザプログラム」とは。

what-is-startup-visa-in-canada
what-is-startup-visa-in-canada

去年、2013年の4月から申請受付が開始されたカナダの「スタートアップビザプログラム」対象はカナダ人の雇用を増やし、世界で通用する革新的企業をカナダで始める予定の起業家。期間は5年間に限定しており、2018年までに成功例が出た場合は政府が新しく起業家向けの新移民カテゴリーを設定する予定です。それでは、詳しく見ていきましょう。

スタートアップビザとは何か?

簡単に言えば、ビジネスプランを提示して、カナダのVCや投資家が「それ支援するよ!」ってな感じで支援が確定している状態であれば誰でも永住権を取得できる、という素敵なプログラムです(細やかな申請条件もありますが少し後で説明します)。もし事業が失敗しても永住権が取り上げられる、ということは無いみたいです。カナダも結構リスクを取ってくれてるようです。カナダ移民局では年間2750件までこの申請を受け入れる、としています。試験的なプログラムなので、やはり件数が多いとは言えないかもしれないです。

なぜカナダなのか

まず、カナダ政府は「カナダでビジネスをすると以下の利点がある」と主張しています。

  • 経済成長
  • 安い税金とビジネスコスト
  • 卓越したリサーチ力と革新力
  • 生活の質の高さ

安い税金とビジネスコスト、ってのが嬉しい要素なのではないでしょうか。日本、アメリカ、カナダで法人税の実効税率(2014年度)を見比べてみるとこんな感じです(参照元)。

  • 日本 – 37.0%
  • アメリカ – 39.1%
  • カナダ – 26.3%

結構安い。最近、福岡県が実効税率を15%に引き下げる規制緩和策を国に求める姿勢である、ってのも大変魅力的な話題となっています。余談ですが、僕は福岡が大好きです。

申請順序

申請順序は以下のようになっています(参照元)。

  1. 申請資格の確認
  2. カナダ政府へ申請
  3. 取得までの時間の確認(もちろんWebで出来ます)
  4. 申請完了次第、移住する準備
ケベック州に限っては独自に移民条件を持っています。もしケベック州に住みたいと思っている方は、別途、CSQ(Certificat de selection du Quebec)という証明書が必要になるので、はじめにMICCに申請しなければなりません。

申請条件

金銭的サポート

起業のためのビジネスプランを、移民局指定の民間投資組織に支援してもらうことが条件になります。カナダ政府ではカテゴリーを3つに分けています。

  • ベンチャーキャピタル
  • エンジェル投資家および団体
  • ビジネス・インキュベーター

これらの内、いずれかのサポートを受けなければなりません。この3つのカテゴリーについては更に詳しく別記事にてまとめたいと思います。あと、元々金銭的支援とか必要ないけどカナダでビジネスしたいです、って方はちょっと解決法分かんないのでごめんなさい。

語学力

フランス語又は英語で中級レベル以上であることが必須です。具体的な数値は以下。

  • CELPIP
  • Speaking 3L, Listening 3L, Writing 3L, Reading 3L

  • IELTS
  • Speaking 5.0, Listening 5.0, Writing 5.0, Reading 4.0

  • TEF
  • Speaking 225, Listening 1480, Writing 225, Reading 150

カナダではTOEICは当然のこと、TOEFLが必要!ってのもほとんど聞きません。ということでIELTSが一般的かもしれません。

学歴

カレッジ(専門学校、短大)の1年間のコースを卒業、またはそれ以上の学歴があること。そして、そのコース修業成績が優良であったこと。カレッジなのでそこまで敷居が高い印象は抱きませんでした。

移民後半年分の生活費相当以上の資金があること

これは特に説明いらないと思います。

以上4点です。あと、ビジネスを行うにあたって超重要なのが「市場」なのですがこの辺もまた別の記事で書きたいと思います。

おまけ

「アメリカにはない仕組み」とタイトルに書きましたが、法案自体はあります。アメリカのスタートアップビザ法案(STEM就業法案)。これ採択されると喜ぶ人多そうなのに…現在、どうなっているのか気になります!

参考にしました

世界の法人税(法定実効税率)ランキング

起業家のための「スタートアップビザ」に新サブカテゴリー

If I have a start-up visa, what happens if my business fails?

Start-up visa

アメリカのスタートアップ・ビザ法案は、アジアとシリコンバレーが力を合わせる材料となるか

hootsuite CEOらが手がけるアクセレーター事業「Invoke Labs」

what-is-invoke

現在、ユーザー数900万人を突破しているSNSマネジメントツールHootsuiteのCEO Ryan Holmes氏らが手がけている「invoke Labs」というアクセレーター事業が気になったので調べました。

what-is-invoke

運営会社であるInvokeは2005年に設立。アクセレーター事業以外にも広告事業を展開しており、クライアント先はAOL.ESPNDOVEGAPなど大手企業が多く連なっています。拠点はバンクーバー、ニューヨーク、ロサンゼルスの3箇所、本社はサイトを見る限りバンクーバーだと思います。(CrunchBaseにはニューヨークって書いてあるけど)

主要メンバーはRyan Holmes氏(CEO, hootsuite), David Tedman氏(Co-founder, hootsuite / memelabs), Dario Meli氏(Co-founder, hootsuite / Quietly), Geoff Entress氏(Pertner, Voyager Capital)の4人。

彼らは自らを「business catalyst」だと称しています。business catalystってなんだ。とりあえずcatalystの意味ググったら「促進の働きをするもの・相手に刺激を与える人」という意味でした。Invokeのブログを見るとbusiness catalystについての説明が載っています。冒頭を簡単に意訳すると。

私たちは従来のアクセレーターの型に当てはまるものではないので、catalystという表現を選んだ。従来からあるモデルの良い要素と実践的なノウハウを織り交ぜている。
- Lab Notebookより参照

とありました。

彼らは3つのアプローチから起業家を支援しています。

  • A FOCUS ON EXECUTION(実践重視)
  • INVESTING IN PEOPLE(人に投資する)
  • NO APPLICATION DEADLINES, OR GRADUATION DATES(期限を定めない)

期間を定めない、というのはあまり聞かない…というかすごいな。あと契約の際、どれくらい株式を取得しているのか少し気になるところであります。invokeのモデルは僕が知っている限り、BEENOSの「Startup Studio」というプログラムが一番近いのでは、と思います。知らないだけで他にも似ているモデルがあるかもしれません。

what-is-invokelab1

ポートフォリオを見ると現在、5つのサービスが Invoke の支援を受けてることが分かります。Hootsuite をはじめ、右上に角帽のマークがついているサービスはおそらく支援の手から離れて運営を行なっているという意味です。また別途、Invoke出身(もしくは支援を受けている最中)のサービスについて調べた記事を書こうと思います。それでは!