もっとも大事なのは言葉なんだーー「これはウェブページです。」Justin氏インタビュー

インターネットで気になるアレコレをGoogle+で!

interview-justin-jackson

これはウェブページです。」というサイトを覚えているでしょうか(原文はコチラ)。

ウェブデザインの本質は、言葉です。言葉は、デザインをした後に考えるものではありません。言葉はデザインの始まりであり、中心であり、主役なのです。
言葉から始めましょう。- これはウェブページです。より参照

昨年、日本でも話題になりました。著者の Justin Jackson 氏がバンクーバーと同じ BC(British Columbia)州に住んでいるということで直接お話を伺ってきました。

じんたん : まず最初にあなたの経歴を教えてください。

Justin : 1980年にエドモントンという街で生まれ、最初にコンピュータに触れたのは5歳のときでコンピュータと共に育ったよ。僕の両親は共に教師で父は学校の校長、母は数学の教師なんだ。仕事でコンピュータを扱っていて、僕に与えてくれた。コンピュータを使って家族に向けて新聞を作ったりしていたよ。

じんたん : えらいっすね…!

Justin : 笑 中学生のころ Mosaic(ウェブブラウザ) が普及し始めて、初めてインターネットにアクセスした。そして Geocities を使って自分のホームページを持って、スノーボードのマガジンを作った。世界中の人が僕のホームページに来てくれたよ。Guestbook を通じて色んな人たちとコミュニケーションを取ることが出来た。その頃の僕にとっては想像もつかない出来事の連続で毎日ワクワクしていたよ。

じんたん : なるほど。

Justin : 大学卒業後は、約8年間ほどスクールカウンセラーをやっていたんだ。そして、インターネットを通じて僕の活動を見てくれていた Gregg Oldring(CEO, Mailout Interactive)が僕にコンタクトを取ってきたんだ、一緒に働きたいって。それがきっかけで28歳の頃、転職を決めて、今は Gregg の元でプロダクトマネージャとして働いているよ。

じんたん : ありがとうございます。次の質問ですが、あなたの書いた「これはウェブページです。」が去年、世界中で話題になりました。なぜこのサイトを作ろうと思ったんですか。

Justin : だいたい月に一回、眠れない時があるんだ。その時はすごく頭の中がクリエイティブになっていて、いつもPCの前に向かうんだ。突然だけど、プログラマやデザイナなどクリエイターの人たちは基本的に価値が高いとされているよね。

じんたん : そうですね。

Justin : そこでふと文章について考えてみた。そして、こんなツイートをしてみたんだ。そうしたら少し反響があったから、思っていることを全て書き残しておこうと思ったんだ。(以下、当時のツイート)

(意訳 : ウェブサイトが未だに抱えている問題は我々が抱えているそれと同じだ。良い文章を書きつつ、一貫性のある内容を保つのは難しいということだ。)

じんたん : なぜその形式をブログではなく、一つのウェブページにしようと思ったのですか。

Justin : 僕が15歳の頃、インターネットはとてもシンプルなものだった。最低限の HTML と CSS だけでウェブページを作ることが出来た、今だってそれは変わらない。フォントの大きさや種類をわざわざ CSS に記述する必要なんてない。

誤解してほしくないのは、デザインにいろんな技術を用いることはウェブページを作る上で重要な要素の一つであることに間違いはない、ということなんだ。フラッシュを用いることだって悪いことじゃない。でも、デザインはミニマルなものであるべきだと僕は思っている。人々はシンプル、それに加えてノスタルジアを感じるデザインに心を惹かれるんだ。それを表現したかった。

じんたん : なるほど。では、文中で「ウェブデザインで最も重要なものは言葉なんだ」と書いた理由について教えてください。

Justin : 最近のウェブデザインによく見られることなんだけど「言葉」がデザインにおける優先順位の一番最後にきてしまっているんだ。「まずこんなデザインにしよう、ここにメニューを置こう、そしてこれくらいの写真をドン!と置いて…」そうじゃないんだ。会社の要になるのが CEO であることと同じように、ウェブデザインの要になるのは「言葉」なんだ。

じんたん : 最後に日本のクリエイター達に一言お願いします。

Justin : 普通に見るとバカなことかもしれないけど、日本人はそれをとてもクリエイティブに表現するよね。日本のライフシーンはとてもクリエイティブだと思うよ。

じんたん : 貴重なお話ありがとうございました!

おまけ

インタビュー後、折角なので(?)一緒にビール飲んできました。Okanagan Spring(プラム風味で超美味かった) というビールを製造している Sleeman という会社はサッポロビールの子会社ということ教えてもらい、無駄にテンションが上がりましたね…